ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは、後発医薬品と呼ばれています。

後発医薬品は医薬品の有効成分に対する特許の申請期間が終了した後に、他の製薬会社が同じ有効成分を使用して同様の薬を製造する医薬品の事です。

新薬と同じ成分の薬とも言われいているのです。また、簡単な略語で後発薬・GE薬と呼ばれることもあるそうです。

医薬品の主な特許:「物質特許(有効成分)」「製法特許(製造方法)」「用途特許(効能効果)」「製剤特許(用法用量)」

ジェネリック医薬品のこと。

ジェネリック

【概要】

ジェネリック医薬品と呼ばれるようになった由来は、期限切れになった先発医薬品の特許内容を基にコピー商品に近しく作られることから、同じ成分の医薬品でも後発医薬品はたくさん存在します。医薬品の成分は一般名(generic name)で表せます。海外では後発医薬品と処方するのにこの一般名を使用することが多いので、ジェネリック医薬品という言葉が使われいているという経緯です。

医薬品

【承認】

先発医薬品の承認申請には、発見した経緯や他国での使用状況など様々な項目で試験を行い、資料を提出する必要があります。これらの項目を含めて、安全性・有効性を確認して基準をクリアすることによって製造する承認がおりるとされています。

主な該当項目:規格・試験方法、安全性、毒性・催奇性、薬理作用、吸収・分布・代謝・排泄

このページの先頭へ