"フィナステリド成分"について

フィナステリド

フィナステリド(finasteride)とは、米メルク社が開発した成分で、元々は前立腺肥大症に対しての成分とされています。

男性ホルモンには"テストステロン"と呼ばれているホルモンがあるのですが、このテストステロンに酵素が合わさることによってDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されてしまい、これらが発毛作用を妨害してしまうのです。

そこで、このフィナステリド成分を含むことによってDHTへの変換を防ぎ、結果、脱毛を防止する事になるのです。

このフィナステリド成分の特徴は脱毛作用を抑止する事であって、発毛に関する作用ではありません。しかし、服用した方の多くで発毛作用も見られているのです。

海外でもすでに60か国以上で承認されており、DHTの髪の成長を妨げる原因物質を抑える効果を発揮するとされています!

注意として、男性型脱毛症(若ハゲ・抜け毛)には効果的とされていますが、突発的な脱毛の円形型などには効果がないとされています。

副作用や注意事項

このミノキシジル成分は上記でも説明していますが、元々は高血圧の治療に使用されている血管拡張薬ですので、服用し過ぎると副作用も発症します。

国内の臨床試験では、ミノキシジルを1mg含むお薬で、胃部の不快感性欲減退などが確認されています。

また、頻度は不明ですが、後に肝機能障害などの報告も追加でされています。

このページの先頭へ